サ高住における広告の表示規制は?

サ高住のサービス内容などの誇大広告は禁止されています。

サービス付き高齢者向け住宅における広告の表示規制についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を運営するに当たり、様々な媒体で広告を打ち出すことは可能です。 ただし、「国土交通省・厚生労働省関係高齢者の居住の安定確保に関する法律施行規則」において、サービスや他の登録事項に関する誇大広告は法律上禁止されているので注意が必要です。第18条では、誇大広告の禁止事項として、高齢者の居住の安定確保に関する法律(以下、法第)15条に基づいて「入居者に提供する高齢者生活支援サービスの内容その他の国土交通省令、厚生労働省令で求める事項について、著しく事実に相違する表示をし、実際の物よりも著しく優良、または有利であると人を誤認させるような表示をしてはならない」とされています。
また、第22条「登録事業者の遵守すべき事項」では、法第20条の「この法律に規定するもののほか、登録住宅に入居する高齢者の居住の安定を確保するために登録事業者の遵守すべき事項は、国土交通省令・厚生労働省令で定める。」としたうえで、「登録事項に変更があったとき、又は添付書類の記載事項に変更があったときは、入居者に対し、その変更の内容を記載した書面を交付して説明すること。ただし、軽微な変更については、この限りでない。」としています。

まとめ

第25条3号において、「都道府県知事は、登録事業者が第15条から第19条までの規定に違反し、又は第2条の国土交通省令・厚生労働省令で定める事項を遵守していないと認めるときは、当該登録事業者に対し、その是正のために必要な措置をとるべきことを指示することができる。」としていますので、誇大広告や表示に関して違反が見られる場合は行政から指導が入る可能性があります。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop