入居者募集の方法

サ高住運営でカギを握る入居者募集

サ高住の入居者募集の方法についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を運営するにあたり、成功させるには入居者の獲得がカギとなります。運営をスタートさせて半年経っても半分も埋まっていない、となるとその先運営を続けていけるのか不安になるでしょう。入居者を増やすには、サ高住の入居者募集の方法をよく考える必要があります。根本的な点では、サ高住を運営する土地やその近隣において、どのようなニーズがあるのかを把握しておくことが大切です。高齢者の数、世帯数、今後の人口推移、地域の特養待機者数などを確認し、どのような介護サービス施設が必要とされているのかを、正しく把握し方向性を間違わないことです。その上で、入居者に合わせた価格設定、広告の打ち出し方を決めるといいでしょう。

高齢者には根強い新聞チラシ

入居を決める際のポイントとなるのが賃料です。高ければ入居できないという場合も多いものです。しかし、運営のことを考えると安い賃料では運営していけないこともあります。賃料を高く設定するのであれば、他のサ高住にないアピールポイントを作ることです。サ高住が増えていますから、賃料だけで競争するのは難しくなることも予想されます。
その打開策としては、他のサ高住との差別化を図り、その点をアピールすることです。また、入居者募集の広告としてはインターネットの活用も大切ですが、最も高齢者に利用されているのは新聞チラシです。現在の高齢者の中にはインターネットを利用している方も増えていますが、やはり高齢者は新聞から情報を得ているケースが多いようです。

実際にサ高住を探すのはご家族やケアマネージャーが多い

新聞チラシが高齢者に根強いと書きましたが、サ高住に入居する際に考えられるのが、ご家族の方やケアマネージャーの方の協力です。この両者のがまずサ高住を探すとなるとインターネットの活用が第一に考えられます。Sakouju noteのような全国のサ高住を検索できるサイトで入居者にあったサ高住を見つけ、そして見比べる事ができる為ご家族やケアマネージャーの方には重宝されています。他のサ高住と差別化を図る為にもインターネット広告の掲載や、ホームページの作成なども考えてみてはどうでしょうか。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop