介護におけるリスクマネジメントの重要性

そもそもリスクマネジメントとは?

介護におけるリスクマネジメントの重要性についてのイラスト リスクマネジメントの直訳は「危機管理」。事故や事件、トラブルなどの危険を管理し、可能性をなくす、あるいは最小化するための対応や手法のことです。介護においてリスクマネジメントは「介護事故の防止」を表す言葉で、椅子やベッドからの転落・転倒といった介護中の事故を回避するための方法を指します。高齢になると心身の機能が著しく低下していきます。しかし、要介護者であっても意思のある一人の人間。微動だにせず静止していたり、介護者の思い通りに動いたりするわけではありません。椅子に座っている間でも、長時間同じ姿勢が続けばあちこちが痛くなって体を動かそうとするでしょう。介護する側が要介護者の気持ちを汲み取れなかったり勘違いしたりすれば、介護事故のリスクは増加してしまいます。要介護者を支援するためのサービス中に、要介護者を危険に晒してしまっては意味がありません。そのため多くの介護福祉施設ではリスクマネジメントを理念として掲げ、積極的に取り組んでいます。

介護におけるリスクマネジメントの方法と重要性

介護福祉施設などで介護事故が発生してしまうと、利用者の身体や心にダメージを負わせてしまうばかりか利用者とその家族、そして地域からの信頼も失ってしまいます。そのためリスクマネジメントを行うことは経営においてもとても重要なことだと言えるでしょう。しかし介護事故を起こさないために利用者の体を押さえつけるわけにはもちろんいきません。適切な方法でリスクマネジメントを行っていく必要があります。

事故を防ぐ「ヒヤリハット報告」

その方法としてまず挙げられるのが、「ヒヤリハット報告」です。事故にまでならなくても、介護中に「ヒヤリとしたこと」や「ハッとしたこと」があれば報告し、事故になる前に対応策を考えていく必要があります。あるいは実際に事故が起こったとしても、情報を精査して再発防止策を考える必要があるでしょう。利用者やその家族の声に耳を傾けることも重要です。どんな状況でどんなリスクが生まれるかをあぶり出し、ひとつひとつ対策をとっていくことが大切です。

施設全体で事故を未然に防ぐ

次に施設全体の「システム」としてリスクを生み出さない流れを作り出す必要があります。介護事故においては、介護者一人の責任になってしまいがち。介護者個人が気を付ければ良いという問題ではなく、そもそも危険がない環境を施設側が提供する必要があります。リスクマネジメントは、アセスメントからサービスの実施、モニタリングを経て改善の取り組みを行うというサイクルで動いていくことになるでしょう。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop