老人福祉法の特例について

サ高住は老人福祉法の特例により区別されます

サ高住における老人福祉法の特例についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では老人福祉法の特例によって有料老人ホームのようなサービスを行っても有料老人ホームとは区別して考えられることになっています。こうしたサービスを行うサ高住では事業内容の届出や内容の変更、事業の廃止・休止の届出などを行う必要はありません。これは老人福祉法によって定められている有料老人ホームに必要な届出です。

有料老人ホームのサービスとは

有料老人ホームのサービスというのは、食事の介助や提供をはじめとした日常生活における必要な家事(洗濯や掃除など)と介護、健康管理のサービスなどで、老人福祉施設や老人ホームなどで一般的に行われているものです。これらのサービスを行い有料老人ホームの定義にも当てはまるサ高住では届出は必要としませんが、有料老人ホームの特定施設に該当し老人福祉法の対象となりこれに関連する法令を遵守して経営します。どのような名称の使用であってもサ高住として認可されたものであれば同義となります。

老人福祉法の特例の意義

この特例は、サ高住関連の高齢者住まい法との関連から既存の法令との整合性を高めるために定められております。サ高住は有料老人ホームなどその他の高齢者の住まいと差異化が図られるとともに、共通する部分も持っているため、あくまでも高齢者の住まいとしての位置づけを必要としています。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop