サ高住の登録基準について

サ高住の基準について

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準はどのようなものがあるのかについてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の登録基準には大きく分けて、入居者の基準、施設の設備基準、サービスの基準、契約の基準があります。 サ高住は高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅を整備するために創設されました。入居者の基準として60歳以上の単身高齢者、60歳未満の方でも要介護・要支援認定を受けているある一定の基準をクリアした方は入居する事ができます。 規模・設備基準としては、バリアフリー構造を備え、原則として居室が25平米以上の広さがあり、台所や水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えなければなりません。 ただし、共同で利用できる浴場や食堂など十分な設備を備える場合には、これらの設備は居室内になくてもよく、広さも18米以上でいいとされます。

サ高住のサービスの基準について

サービスの基準として、少なくとも安否確認と生活相談が必須となっており、そのため医師や看護師、介護福祉や介護支援専門員などの有資格者を少なくとも日中は常駐させる必要があります。 夜間の常駐は必須とされておらず、常駐しない時間帯は緊急通報システムにより対応できるようにしなくてはなりません。 契約の基準については必ず書面で行い、敷金や家賃の金額、支払い方法などについて明記し、正当な理由がない場合退去は求められないといった制度上定められている契約に関する基準も満たすことが求められます。

サ高住の登録にあたり必要なもの

登録にあたってはまず、建設予定地の自治体に事前に情報提供を行い、建築確認申請を行います。 建築確認が得られて初めて、サ高住としての登録が行えるためです。 登録申請前に自治体に事前相談を行ってから、書類を揃えて登録申請を行い、審査が通れば登録完了です。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop