所得税・法人税の割増償却

サ高住の促進のために税金の軽減措置がとられています

サービス付き高齢者向け住宅における割増償却の概要についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を新築等により取得する場合には、各種税金の減額措置が講じられています。 これは日本が抱える超高齢化社会に対応すべく、高齢者が安否確認などの見守りを受けながら安心して住み続けられる住宅の確保が急がれているためです。 国では2025年までに100万戸のサ高住建設を目標としており、供給促進のために税金軽減など様々な特典が制度化されています。 もっとも、これらは恒常的なものではなく、国の予算や政策の変更により改定や見直しがあることがあるので、建設や取得にあたっては、最新の情報に留意し、綿密な事業計画と資金計画等を立てることが求められます。

割増償却の概要について

まず、所得税や法人税の軽減につながる割増償却についてです。 平成28年3月31日までに取得し、戸数が10以上、1戸あたりの専用面積が25平米以上の要件を満たすと、5年間にわたり割増償却が受けられます。 耐用年数35年以上の建物の場合、取得の時期が平成25年4月1日~平成27年3月31日であれば40%ですが、平成27年4月1日~平成28年3月31日では20%と半減されます。 耐用年数35年未満の建物は同様に28%、半減後の期間は14%となります。 固定資産税に関しては5年間にわたり、1戸あたり120平米を限度に2分の1以上6分の5以下の範囲内で条例で市町村が定めている割合で減額されます。 適用要件として平成29年3月31日までの取得であること、戸数が5戸以上であること、 床面積が共用部分込みで30平米以上であることと、主要構造部が耐火構造、もしくは準耐火構造であること、さらに国又は地方公共団体から建設費補助を受けることも要件となります。 不動産取得税については住宅の場合、課税標準から1戸あたり1200万円の控除が受けられ、住宅用地については住宅の床面積の約2倍の土地面積相当価額の減額が受けられます。

割増償却の要件について

要件は平成29年3月31日までの取得であること等のほか、固定資産税の減額と同じ要件が求められます。 各種税金の減額措置の要件を見れば分かるように、それぞれ適用要件に違いがあります。 床面積の計算方法も異なっているので、注意が必要です。 また、サ高住の登録を受け、補助金の交付を受けたからといって全てのサ高住に軽減措置が適用されるわけではなく、床面積や戸数の要件等も満たさなければなりません。 税金の軽減を目指したい方は、建設の計画段階からしっかり検討を重ねなければなりません。 また、減額措置の対象になるのは、新築かつ入居者と賃貸借契約を結ぶものに限られ、ただ建てただけでは認められないので注意しましょう。

所得税・法人税の割増償却

 
所得税・法人税の割増償却についての内容を表で詳しく解説。
 

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop