ターミナルケアと緩和ケアの違いは?

ターミナルケアと緩和ケアの違い

ターミナルケアと緩和ケアの違いは?についてのイラスト 終末期となるとターミナルケア、緩和ケアなどの名前を聞くようになります。既に治療が難しい病気の場合に、最後を穏やかに過ごしてもらい苦痛を取り除いたり、その人らしい過ごし方をするための治療のことです。しかし、緩和ケアとターミナルケアは似ているようで多少役割が異なる場合があります。

ターミナルケアとは?

ターミナルとは終末期のことです。末期がんなど治療が見込めず余命がわずかになってしまった人へのケアをします。終末期医療や終末期看護とも呼ばれています。また、認知症や寝たきりの高齢者などが延命を行わず、残された時間の苦痛をなくしその人らしい生活をする治療や介護も含めます。末期がんでは延命を行わないと本人や家族が決め、症状を緩和するのみの治療や、身体的・精神的な看護やケアをしてもらうと決めた時がターミナル時期となります。認知症を患う高齢者の場合は認識が難しくなりますが、介助しても食べられない時がその時期と判断できます。延命はしないわけですから胃ろうのような人工的な栄養補給はしません。

ターミナルケアの内容

まず最期を迎える場所を施設にするか自宅にするか決めます。自宅の場合は訪問看護や医師に訪問診療を行ってもらいながら過ごすことになります。治療は医師・看護師・介護師などが連携し、痛みの緩和のための薬の処方から、褥瘡を作らないためのケアなどが受けられます。まったく何も食べられなくなっても、口を湿らす程度はできるため、家族と一緒に過ごし患者さんが安心して最期を迎えられるように対処できます。

緩和ケアとは?

緩和ケアとはターミナルケアでも利用される治療のひとつです。主にがんの痛みを和らげる治療として利用されています。ターミナルケアとの違いは、緩和ケアは治療と同時に利用できることです。延命を止めたわけではなく、がんの初期に苦痛を取り除くための治療でもあります。もちろん終末期においても苦痛を取り除く治療としても活用されています。治療は抗がん剤などの副作用を緩和させたり、日常生活を快適に過ごせるケアなどです。食事、排泄、睡眠、体の清浄など日常生活を無理なく過ごせるよう問題を緩和させていきます。この場合の緩和ケアは患者さん本人だけでなく家族の精神的ケアや相談にも対応しています。

緩和ケアの内容

緩和ケアとはがんの痛みに使われる麻薬のみが使われるわけではありません。他にも食事の工夫、呼吸を楽にする、便や尿の悩みの緩和、疲労感の予防、精神的なケアなどが利用できます。緩和ケアは緩和ケア病棟のある施設に入院したり、通院しながら受けられます。自宅の場合では訪問看護師・医師・介護士などが連携して対応します。入浴サービスや排泄ケア、褥瘡の予防などもしてくれます。

100床あたり年間ターミナルケア実施人数

100床あたり年間ターミナルケア実施人数についてのグラフ


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop