3大介護とはなんでしょう?

3大介護とは?

3大介護とはなんでしょう?についてのイラスト 3大介護とは、身体介護サービスのうち、食事介助、入浴介助、排泄介助の3つを指しております。要介護者の身体に触れて介助を行い、日常生活の支障を補うためのものです。介護福祉士法でも定義しており、身体介護の内容としては基本であり、なくてはならないものとなっています。この3大介護を中心として、個々に必要なケアや機能回復のための訓練など柔軟な高齢者の自立に向けた内容が求められています。3大介護はそれぞれに食事や入浴、排泄の時の必要な補助を行うことで、高齢者の生活をより良いものとすることを目指しています。

それぞれの介護の内容について

食事介助

食事介助は食事の楽しみを刺激して、自分で食べようという気持ちを促すとともに、食べやすい環境を整えることが必要となります。自分で食べることが困難な人に対しては、箸や器などの食器を福祉用具に変えたり、食品を食べやすいように工夫することも必要となります。また、誤嚥を防ぐために食べる姿勢を整えたり、飲み込みを助ける声かけや水分補給などを行います。身体機能や意識状態に合わせて、適切な方法を取らないと身体に危険があるため、非常に注意深い介助が必要なものです。

入浴介助

入浴介助は身体的な清潔を維持して健康を保つための重要な役割を持っています。また、入浴によってリラックスして、食欲増進、安眠などの効果も見られます。入浴介助では、全身の状態を観察できるため、利用者の健康状態を把握するためにも役立ちますが、その反面体を見られることにより、プライドを傷つけてしまわないように、利用者の心への配慮も大切です。身体の残存機能を活かして、転倒や溺れなどの安全面に留意しながらの介助となります。入浴中の利用者ののぼせや病変などの変化にも注意が必要です。

排泄介助

排泄介助は、トイレでの自立した排泄を目標として適切な排泄用具の利用や介助を行います。排泄の介助では本人のプライドへの配慮が必要となります。また、排泄の介助は本人の尿意や便意で成り立つため、昼夜を問わず介護者のペースで行えないものです。また、回数も3大介護のうち最も多くなります。

まとめ

生活を送る上で必要な3大介護は、利用者ごとに個々のペースやできることの内容に応じて適切に行われ、自立的な生活を支えるものでなくてはいけません。生活の基礎となる動作の介護は利用者のプライバシーやプライドに影響を与えることも多いため、介護する人は利用者の精神面の配慮も必要となります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop