公的介護保険外サービスとはどういうものか?

公的介護保険外サービスについて

公的介護保険外サービスとはどういったものか?についてのイラスト 公的介護保険外サービスとは介護保険の対象とならない人でも支援を求めている人が多いことから、民間の業者が独自のサービスを行うものです。居宅介護支援事業内では配食サービス、話相手などのニーズが考えられます。居宅介護支援事業外では入院中の方の介助や生活支援、介護付き旅行などの成長が見込めます。今後は介護ロボットの普及や、高齢者向けの私的ケアマネジメントなども普及する可能性があります。対象となるのは生活を豊かにしたい方、病気になっておらずまだ元気に過ごされている方、介護とならない病気入院が必要で親族が居ない方です。

公的介護保険外サービスの一例

高齢化社会では生活ニーズが多様化し、健康需要を満たすサービスが多数登場してくると考えられます。
例えばデイサービスの事業を提供する施設にフィットネス施設を併設し、健康な方から高齢になり介護が必要な方まで幅広く利用してもらう複合サービスがあります。さらに食の提供や介護予防に繋がる運動を促進しながら、家族3世帯が利用できる場所の提供などもその一例です。今までは介護施設だけが介護事業に取り組んできましたが、今後は予防や趣味なども兼ねてフィットネス事業者や農家など幅広い事業者も関連してきます。生活面ではシニア向け化粧講座の開講、シニア向けの学習サービスなども公的介護保険外サービスとして挙げられます。
費用の一例としては配食サービスは1食あたり200円~1,000円程度で、これに安否確認を兼ねているところもあります。生活支援や話し相手などは1時間あたり1,000円前後から、介護を必要としない認知症の方を対処とした見守りは1時間500円などです。夜間の徘徊緊急ネットワークの利用は地域により無料や月額利用料500円など安価で利用できる地域もあります。
地域によっては趣味の場を無料で提供し、高齢者同士が集える場所もあります。多少割高でも今後増える可能性が高いサービスとしては、墓見守りサービスや人探しなどが注目されています。外出が難しい高齢者に代わり管理を任せてもらう方法では、簡単なものでは数千円、お墓参りもセットとなると1万円前後~となっています。

民間や自治体のサービスを利用しよう

公的介護保険外サービスは民間企業も参入してきているため、小額から少し高額なものまで様々なニーズに対応するものが登場しています。自治体が独自に安価なサービスを提供しているところもありますから、情報収集をしてみて介護保険が使えない方でも生活を豊かにするために活用してみるのも良いでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop