介護と介助の違いとは?

「介護」と「介助」の違いについて

介護と介助の違いとは?についてのイラスト 介護に関わっていると様々な場面で「介護」と「介助」という言葉を耳にする機会がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。一般的にはこの2つはほとんど同じ意味で用いられていますが、介護業界では少々ニュアンスが異なります。簡単に言えば、「介護」はその人を助けるための行動全般、「介助」はそのための行動のひとつです。「介護」の中に「介助」があると考えても良いでしょう。「介護」の定義として、1988年に日本社会事業学校連盟・全国社会福祉協議会施設協議会連合会により「老齢者や心身の障害者など日常生活を営む上で困難な状態にある個人を対象に、専門的な対人援助を基盤に身体的・精神的・社会的に健康な生活の確保と成長、発達を目指し、利用者が満足できる生活の自立をはかること」とされています。
つまり「介護」はとても広い意味を持っており、食事や排泄など身の回りの世話からケアプランの作成、本人や家族との相談など様々な行動が含まれるのです。対して「介助」の持つ意味は「付き添い」「介添え」「サポート」など。ケアプランに基づき、実際に利用者の食事や排泄、入浴などを助ける行動そのものを指します。要するに「介護」を実現するための手段だと言えるでしょう。また大きな違いとして、介護は「自立」を促すことを目的としていることに対し、介助はただ日常生活を助けるだけという点も挙げられます。介護に携わる者には、ただ介助するだけでなくしっかりと介護することが求められるでしょう。

これからも範囲が広がる可能性のある介護

「介護」は比較的新しい言葉です。1963年の老人福祉法で使用されて以降、一般に広く浸透してきました。現在では様々な意味を含む言葉として使われています。たとえば近年では在宅介護の場合にたんの吸引を介護職員が行ったり、老人ホームで栄養管理を行ったりもしています。単に身の回りの世話をするというだけではなく、医療の一部に関与することも多くなっているのです。今後も介護職員には様々なスキルが求められるようになり、「介護」が持つ意味の幅もさらに広がっていくかもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop