介護におけるLSAの役割

LSA(ライフサポートアドバイザー)とは

介護におけるLSA(ライフサポートアドバイザー)の役割についてのイラスト LSAとは、ライフサポートアドバイザー、生活援助員と呼ばれている高齢者の日常生活の支援サービスを行う人を指します。シルバーハウジングやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などに住んでいる高齢者に対しては日常生活指導や安否確認、緊急時の連絡、必要に応じて介護サービスの手配などを行っています。これらの業務は市区町村から委託されて行われているものです。ライフサポートアドバイザーになるには特別な資格はありませんが、介護福祉士やヘルパーなどの資格を取得している人が多く、介護業務に特化した知識や技術を持っていることです。

シルバーハウジングとは?

シルバーハウジングとは、高齢者専用の公的賃貸住宅のことを指します。バリアフリーの構造と設備を持ち、ライフサポートアドバイザーの生活支援サービスを受けられます。運営している事業者は地方公共団体や都市再生機構、住宅供給公社で、介護サービスは付いていませんので、別途契約をしてサービスを利用するシステムになっています。自立度の高い高齢者が対象となっており、ライフサポートアドバイザーが常駐していたり、近接するデイサービスセンターなどと連携していたりします。

LSA(ライフサポートアドバイザー)の役割とは

LSAは高齢化社会には欠かせない存在として非常に重要な役割を担っています。高齢者の独居家庭や高齢者夫婦の家庭などでは日常生活に支障がない場合でも、いざという時の対応に不安を持っていることが多く、日中に限らず夜間などの緊急時の連絡を担うライフサポートアドバイザーの存在は大きな安心感となります。日常生活が自立している高齢者家庭であれば、ライフサポートアドバイザーに守られながら自由で豊かな生活を送ることができ、予防介護の一貫ともなっています。安否確認や相談に関しては、日常生活の自立度の高い入居者にとって負担にならないような配慮をしつつ、必要に応じて専門機関との連携を取ります。
ただし、LSAの業務範囲には不明確な部分や実際のニーズと合わない部分もあります。また、緊急時の対応や健康相談などでは、専門機関に連絡して指示や支護が必要なものなど、LSAの独断で行えないこともあり、急な事態への対応は高齢者施設と比較すると弱い面もありそうです。ライフサポートアドバイザーの事業は、介護保険法により定められる地域支援事業の中の市区町村が地域の実情に応じて実施する任意事業となっており、人件費について支援は国や県、市区町村、第1号の保険料などで賄われています。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop