介護におけるモニタリングとは?

介護現場の「モニタリング」って何?

介護におけるモニタリングとは?についてのイラスト モニタリングとは、もともと観察や監視、点検、記録などの意味を持つ英単語。介護においては、利用者に介護サービスを提供しながら現状を観察し「ケアプランに沿った適切なサービスを受けられているか」「問題や課題となることはないか」「目的に向けて順調に進んでいるか」などを見守り・確認する意味で使われる言葉です。ケアマネージャーがきちんと現状を把握し、もしも利用者にとって不都合や問題があれば今受けているサービスの内容を見直していく必要があります。
モニタリングには「日常的なモニタリング」と「定期的なモニタリング」の2つがあると言って良いでしょう。日常的なモニタリングとは、利用者の日々の観察や記録のこと。施設やサービスを利用している間、施設職員が変わったことはないか順調にいっているかどうかなど毎回記録を取ります。定期的なモニタリングとは、1ヶ月に一度など定期的に実施状況を把握すること。ケアマネージャーが施設からの報告を受け、問題がないかどうか見直しを行います。通常、この二つのモニタリングを平行して進めていくことになります。

具体的なモニタリングの流れ

モニタリングの基本は「記録」です。日々の記録の積み重ねが問題や新たなニーズの発見に繋がっていくため、まずは利用者の記録を残すことから始まります。ではその流れを見ていきましょう。

⒈施設職員による日々の記録

送迎時、日中活動中、介護サービスの提供時などで変わったことがないか、利用者の状態を観察して日々記録していきます。対話中に気が付いたことなど何でもかまいません。様式は施設によって異なります。

⒉ケアマネージャーへの定期報告

大きな問題がない場合、月に一度ケアマネージャーへの現状報告を行います。もしも急を要する問題が起きれば、その時点ですぐに報告が必要です。

⒊期間終了時の施設内でのモニタリング

あらかじめ設定していたモニタリングの期間が終わる時や更新する時など、支援計画がうまくいったかどうか施設内で話し合いを行います。半年や一年単位の場合が多いでしょう。またサービス利用中に計画がうまくいかない場合などもその都度相談を行います。

⒋ケアマネージャーへの報告書提出

施設内モニタリングの結果を、報告書にまとめてケアマネージャーに提出します。サービスの実施状況や利用者の満足度、また利用者の心身や環境の変化を踏まえ、サービスを持続するか見直しが必要なのかを検討します。

まとめ

介護サービスは、ただなんとなく提供すれば良いというものではありません。本人にとって必要で適切なサービスを提供するために、モニタリングはとても重要な手段だと言えるでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop