介護のノイローゼを回避するには

介護の辛さとノイローゼ

介護のノイローゼを回避するにはについてのイラスト 現在の高齢者介護は老老介護、マンツーマン、悪くすると一人で両親ふたりの介護をする子世代など、大変な状況がたくさんあります。家庭での介護は介護者を自宅に縛り、高齢者と介護者が長時間顔を突き合わせてこもりがちになることが多く見られます。寝たきりの高齢者と二人きり、閉鎖された自宅で居続ける毎日に、ノイローゼになる方が増えているこの現実は、すべての人にとって他人事ではありません。介護の辛さは肉体的なものもありますが、精神的な辛さは測りしれません。医療の進歩で昔よりも延命治療も発達した今、障害を抱えて寝たきり、介助の必要な高齢者との生活がいつまで続くのだろうかという先の見えない不安と戸惑いを持つ人が増えています。特に完全主義や心配性の人など、介護に一生懸命取り組んでいる人のノイローゼが心配です。

介護でのノイローゼにならないように

老いた親や親族にはできるだけ元気にいつまでも長生きして欲しいという気持ちは、誰もが持っているものです。しかし、日々の介護の辛さ故、つい高齢者につらく当たってしまったりネグレクトをしてしまったりすることもあります。こうした行動は振り返ったときに介護者に後悔や自責の念として帰ってくるため、余計に苦しめる悪循環となります。そして自分を責める気持ちや介護への挫折、忙しさからノイローゼとなってしまうのです。

介護サービスで快適な生活を

こうした日々の生活の辛さを軽減するためには、介護サービスを使うことが必要です。本来であれば、憎いはずのない身内ですから、自分の生活や気持ちに余裕さえあれば、仲良く生きていくことはできるはずです。思いつめてノイローゼになる前に、介護サービスを検討してみましょう。デイサービスやショートステイ、訪問介護、通所施設などを利用して、自分の時間を確保します。また、施設の入居やサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)も要介護レベルに合ったものを選ぶと高齢者にもその家族にも良い影響があります。個人ではできない24時間の安全管理や介助、緊急時の対応など行き届いたサービスで高齢者の暮らしをサポートしてもらうことができます。
また、専門家によるサポート、リハビリ、自立支援によって高齢者自身の自立した生活を確立することも期待できます。特にサ高住では、自由にサービスを選べるという点で個々のニーズに即したケアや介助が求められます。一緒に生活する時も、離れていても、家族であることには変わりありません。それぞれの立場としてもっとも快適で安心して暮らせる方法を模索することも介護者の役目ではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop