介護でポータブルトイレを利用する

ポータブルトイレを使うことのメリットとは?

介護でポータブルトイレを利用するについてのイラスト 要介護者のトイレの失敗が多くなった時、ポータブルトイレの利用を検討する人も多いでしょう。ポータブルトイレとはベッドの傍に置いておける、利用者専用の簡易型トイレです。ではポータブルトイレを使うとどんなメリットがあるのでしょうか?

自力排泄を促すことで自立への気持ちを高める

トイレまで遠かったり介助者に付き添ってもらったりすると、「面倒臭い」「申し訳ない」という気持ちから本人がトイレを我慢してしまうことがあります。しかしポータブルトイレならベッドからの移動が楽なので、自立への意欲が高まります。介助を必要とせず排泄することができるため、積極的に利用できるでしょう。これをきっかけに他の面でも自力でできることが増えるケースもあります。

本人が恥ずかしい思いをしなくて済む

トイレの場所が遠いと、「トイレに行きたい」と思ってから時間がかかってしまうため途中で失敗してしまうことも。ポータブルトイレならすぐに利用できるので、本人が恥ずかしい思いをしなくて済みます。

転倒などの危険を防止できる

歩行が困難な場合、トイレまでのちょっとした段差などで転倒してしまう危険性があります。特に夜間は大きな事故にもなりかねません。ポータブルトイレならベッドからすぐのため、そういった危険を防ぐことができます。

介助者の負担を減らせる

トイレまで毎回付き添うのは介助者にとっても大変な労力です。夜間に起こされることもあるでしょう。ポータブルトイレなら介助者の都合で回収することができるため、負担が少なくなるはずです。

状況に合わせて使うことが大切

とは言え、ポータブルトイレにも「移動距離が短いため下肢筋肉が弱くなる」「部屋に臭いがこもってしまう」などのデメリットもあります。要介護者の状態や介助者の状況に合わせて、利用するかどうかよく考えてから決めましょう。またポータブルトイレを利用していて体力が回復したら自宅トイレに切り替えるなど、時と場合によって使い分けることもできます。上手に利用していくと良いでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop