介護業界におけるプリセプター制度について

新人教育の定番「プリセプター制度」とは?

介護業界におけるプリセプター制度についてのイラスト プリセプター制度とは、多くの病院や医療機関で採用されている新人看護師の教育方法のこと。先輩看護師(プリセプター)が新人看護師(プリセプティ)に一人ずつ付き、一定期間マンツーマンで仕事に必要な技術や知識をイチから教えていきます。もとは看護の世界を中心にした制度でしたが、近年介護業界でも取り入れられることが多くなりました。老人ホームなどの介護施設において、先輩の介護士がプリセプターとして新人の介護士を1対1で指導していきます。

介護業界あるプリセプター制度のメリット・デメリット

では、介護の現場にプリセプター制度を用いるとはどういうことなのでしょうか。メリット・デメリットに分けてご紹介します。

メリット

新人介護士の育成に繋がる

介護士として入職しても、初めの頃は何をやったら良いのかわからないことも多くあります。忙しそうな先輩方に質問するのもためらわれるかもしれません。そんな時プリセプターがいれば、わからないことを気負わず質問することができるでしょう。1対1で教えてくれるので技術の習得も早くなり、戦力としてどんどん成長していきます。

新人介護士の離職を防げる

介護の勉強をしてきた人でも、実際の仕事となると違うもの。リアルな現場にショックを受けて辞めてしまう人も少なくありません。プリセプターは、そんな新人介護士をフォローする役割も担っています。不安を和らげて悩みを解決するサポートを行うため、新人の離職率が下がります。

先輩介護士の更なる成長と意識の向上

成長するのは新人だけではありません。先輩側も自身の技術や知識を確認することになるため、一緒に成長していくことができます。先輩としての自覚が生まれ、利用者さんに質の良いサービスを提供できるでしょう。

デメリット

先輩介護士の負担が大きい

介護の現場は、ただでさえ忙しいものです。その中で新人の育成を一人で担当するのは、大きな負担になることも否めません。また新人に何かあればプリセプターの責任になってしまいます。夜勤や日勤など不定期になりがちな勤務体制の中で新人をフォローすることに疲れてしまう人もいるでしょう。

人間関係がうまくいかないこともある

マンツーマンで指導するということは、第三者の介入を受けないということ。二人の関係が良好なら良いのですが、うまくいかなかった場合には職場の雰囲気が悪くなってしまいます。

入職しやすい環境のために

メリット・デメリット共にあるプリセプター制度ですが、就職・転職時に「業界に入りやすい」と思ってもらうためには有効な方法です。高齢化社会が加速する今、介護業界は慢性的な人手不足に陥っています。その中で仕事を行える職員を増やすことができるプリセプター制度は、利用者・職員の双方にとって大切な手段だと言えるでしょう。

具体的な職員育成施作について

具体的な職員育成施作についてのグラフ


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop