介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?についてのイラスト 介護支援専門員とは一般的にケアマネージャーと呼ばれる職業のことです。ケアマネと省略し呼ばれることもあります。平成9年に制定された介護保険法により試験が行なわれており、合格した者が専門職として就くことができます。受験資格は福祉や保健医療の分野で実務経験がある者のみです。主な仕事内容は介護保険制度によりケアマネジメントを実施することです。介護を受ける人から相談を受け、介護サービスの利用計画を立て、他の介護サービス業者との連携を果たす役割を持ちます。

介護支援専門員の資格を取得するまで

まずはケアマネージャーの試験を受験する資格が無ければなりません。医療関係や介護などの国家資格を有しており、通算5年以上の実務経験がある方です。または国家資格が無くても介護業務などに就いており、通算10年以上の実務経験がある方が対象となります。これを証明するには事業所などが発行する「実務経験証明書」が必要となります。これを受験申し込み時に送付し、審査を通過した場合のみ受験資格が与えられます。試験自体はほとんどの地域でマークシート方式が採用されており、実技試験は不要となっています。
試験に合格すると各都道府県で実施される実務研修過程を経て、介護支援専門員の資格を公布してもらうことができます。試験日は毎年10月のみの1回となり、その4ヶ月前から願書の受付が開始されます。

介護支援専門員の合格率と今後

一定の講義と実務を終了すれば資格を取得できるホームヘルパーより難易度は高くなります。ケアマネージャーという資格は国家資格となり、さらに受験資格を得るためには特定の国家資格を保有しているか、無い場合では相談援助業務や介護等の業務を経験しなければなりません。同じ介護関連の資格であるホームヘルパーを得てから、ケアマネージャーへの道に進む方も多くなっています。合格率でいうと約20%とかなり低めです。
しかし、一度資格を取得してしまえば働き先は様々で、今後の高齢者社会に伴いどんどん必要性は高まると考えられています。さらに独立している方は全国で1割程度とまだまだ少ないため、今後のニーズから必要性が高まるのではないかとされています。ケアプランを作成するのが主な仕事のため、最低限必要な事務作業の能力や、人との関わりが深いことからコミュニケーション能力も求められます。相手の話をよく聞き、柔軟な対応ができる能力が必要となります。医療関係や介護職に就いていた方に向いている職業だといえるでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop