介護業界のトランスとはどういったものか?

介護業界でいうトランスとはなにか

介護業界で使われる「トランス」とはどういったものか?についてのイラスト 介護業界でいうトランスとは、トランスファー(移動、乗り換え)の略語であり、利用者を移動させる動作、移乗動作に分類されます。ベッドから車椅子へ、車椅子から椅子へ、トイレの便座へ、そしてまたベッドへと移乗を行うことで高齢者の方々を寝たきりにさせない生活が実現できるでしょう。高齢者の生活において、移動は生活に意欲を持たせて心身の自立を支える重要なポイントとなります。しかし一般的には高齢になるにつれて足腰の衰えなどによって一人での移動が難しくなっていく現実があります。要介護レベルの状態の目安でも、立ち上がりや歩行などの自立は大きな判断材料となっており、介護サービスにおいても移動の介助は大きな比重を占めています。歩行が困難な高齢者にとっては、トランスは日常的に行われるサービスとなり、これが安全に行われることが非常に重要となります。

トランスの介助

トランスの介助では、身体の安全を守ることと、利用者が安心して介助者に任せられることが必要です。そのため、介助者は利用者の障害の程度を把握して、安全で苦痛のない介助を行わなければいけません。高齢者の骨は弱くなっており、ちょっとした無理な姿勢や動作で骨折の危険性もあります。また、転倒の不安もあります。こうしたリスクに対して介助を受ける高齢者が怖がらないようにするためにも、介助者には個々に応じた適切な介助が行える技術と知識が必要です。高齢者の障害のある部位や体の麻痺の程度に合わせて、安全かつ本人の自立を阻害しない程度の介助をすることも大切になってきます。

トランスの注意点

ベッドから車椅子へ移乗する場合や車椅子からトイレへ移乗する場合など、シーンによっても移乗の姿勢や注意すべき点が違います。高さを変えられるベッドでは車椅子との高さの調節によって介助者の身体の負担を減らすことも大切です。また、トイレなどの場合には限られたスペースで安全な姿勢を保ち、速やかに移乗を終えることも必要となります。介助者は自らの身体の負担を減らすためにも、正しい移乗の仕方を身につけておくことが求められます。また、移乗はただ単に義務的に物理的移動をするということにとどまってはいけません。利用者をどこかへ連れて行きたい、自立を助けたいという気持ちで行われるべきです。実践にあたっては、高齢者と介助者は信頼関係を維持し、移乗の動作の中でもこまめに声をかけて共同作業として行います。高齢者の心身の負担を減らすために、衣類を強く持ったり移乗先の場所にドスンと落としたりするような不注意は避けたいものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop