居宅介護支援事業所とケアマネの関係は?

ケアマネージャーはどんな人?

居宅介護支援事業所とケアマネの関係は?についてのイラスト ケアマネージャー(ケアマネ)は、「介護支援専門員」という介護保険制度における有資格者です。医療や保健、福祉などの幅広い専門知識や技術が必要な仕事のため、介護福祉士や看護師、歯科衛生士、栄養士、鍼灸師などの“法定資格を持っている者”が受験対象者になっています。受験する場合、法定資格保有者の場合は、5年以上の実務経験が必要とされていますが、法定資格を持っていない場合でも、所定の福祉施設で相談の援助や介護などに10年以上従事した経験があれば受験することができます。

居宅介護支援事業所でケアマネージャーは何をしてくれる?

介護を必要とする利用者が自立した日常生活を送ることができるよう、利用者や家族と相談しながらケアプランの作成をするのがケアマネの仕事です。家族の生活リズムや生活環境なども考慮したうえで適切なケアプランを家族と一緒に検討します。他にも、介護サービスや施設を利用する際に事業者などに連絡、調整を行い、必要であれば介護や保険に関する申請の代行業務も行います。日々の生活で必要になる福祉用具、介護用品のレンタルや購入、住宅のリフォームに関しても提案します。ケアプランの作成に関する費用はかかりませんが、要支援が1~2の場合は、「地域包括支援センター」が作成することになっています。

分からないことは自分で調べることも大切です

居宅介護支援事業所に行けば、ケアマネに相談して介護施設の紹介を受けることはできます。必要に応じて、施設への連絡や手続きも行ってくれます。しかし、事業所によっては、ケアマネ個人の知識レベルに頼りがちになってしまうため、担当者によっては新しい施設やエリア外の施設に関しては知らないというケースもあります。全てを担当者に任せっきりにしてしまうより、インターネットなどで予め調べてみることも大切です。近所に新しく施設ができている、少し遠いけど必要なサービスを受けることのできる場所を見つけられることもあります。相談する前に少し調べてからケアマネに提案してケアプランに組み込んでもらうのもいいかもしれませんね。

ケアマネージャーの勤務場所

ケアマネージャーの勤務場所についてのグラフ


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop