脳トレで介護・認知症予防を!

介護・認知症予防のための脳トレ

脳トレで介護・認知症予防を!についてのイラスト 65歳以上の高齢者がどんどん増加している日本では、同じように認知症患者も年々増加しています。厚生労働省によると、平成22年度の推計値として65歳以上の認知症有病者はおよそ439万人とされており、65歳以上の高齢者全体の約15%をも占めているのです。そのため、65歳以上の4人に1人が認知症と認知症予備軍とされています。そんな中、介護・認知症予防のために、脳を鍛える「脳トレーニング」が今注目されているのです。

脳トレを行うメリットとは?

脳トレを行うと、脳がエネルギーをたくさん使うようになります。そうすると脳に酸素やエネルギーとなる糖を運ぼうと、血液が体内でどんどん循環されていきます。血液が循環されることで脳だけでなく身体にも酸素と栄養が行き届き、不要なものは血液によって分解・除去される部位まで運ばれていきます。そのため、脳と一緒に身体も健康で若々しくいられるのです。
逆に脳が働かない状態だと、脳に血液があまり流れていかず、認知機能を低下させ、認知症になる、または認知症を悪化させてしまうこともあるのです。なので、脳トレは、そんな認知症を避けるためや、認知症が悪化しないようにするために必要なトレーニングなのです。

様々な脳トレ方法

計算や読み書きをする

計算や読み書きをすることで、脳が刺激され活性化されます。難しい計算を行おうとせず、普段の買い物の際に自分の頭で大体の金額を計算しながら買い物したり、小銭を増やさないようにするにはどうすればいいのかなどを考えながら買い物をするだけで立派な脳トレとなります。また、毎日日記を書いたり本を声に出して読んでみることも脳の刺激となります。

囲碁、将棋などのゲームをする

このような遊びは相手の行動を読んだり、次の展開を読んだりします。たくさん考えることも多くなってくるので、脳に良い刺激となるのです。しかも、このような遊びは楽しく行うことでさらに活性化へと繋がります。

塗り絵、折り紙

塗り絵や折り紙などは、手先を多く使い、さらに考えながら進められるので脳トレになります。特に、既に認知症を発症してしまった方にはオススメの脳トレです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop