リハビリについて

サ高住でのリハビリは施設によって実施方法が異なります。

サ高住でリハビリを受けるにはについてのイラストリハビリをきちんと実施できる環境にあるかどうかは、高齢者が健やかに暮らすにあたって欠かせない要素です。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、各施設によってリハビリに対する実施方法が異なるため、あらかじめの確認が望まれます。

施設に併設のリハビリステーションがあるケース

サ高住と同一施設内にリハビリステーションが併設されている場合は、そこでリハビリを受けることが可能です。なかにはサ高住と同一の事業者が運営するリハビリステーションが併設されているケースもあるため、リハビリを必要とするならばそのような施設を選ぶことをお勧めします。

提携のリハビリ施設があるケース

併設ではないものの、リハビリ施設と提携しているサ高住もあります。提携施設から訪問リハビリサービスを受けることができるため、定期的なリハビリが可能です。

リハビリに対応していないケース

リハビリサービスを提供していないサ高住では、ケアマネージャーに相談してリハビリの訪問サービスを申し込むか、デイケアに行ってリハビリを実施することになります。

まとめ

サ高住では、個別にケアプランを組むため、施設内で対応できないリハビリであっても、外部サービスに依頼することで解決できます。住み始めてから不便を感じることがないよう、リハビリの実施体制は事前に各施設へ問い合わせておきましょう。その際、リハビリの方法と共に、金額や頻度、どのようなリハビリが可能なのかについても併せて確認することをお勧めします。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop