定期巡回・随時対応型訪問介護看護について

定期巡回型・随時対応型訪問介護看護は4つのサービス

サービス付き高齢者向け住宅での定期巡回・随時対応型訪問介護看護についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で定期巡回・随時対応型訪問介護看護のサービスを利用するには、個別に契約する必要があります。24時間どのタイミングでも瞬時に提供するサービスとして、定期的な巡回を行う「定期巡回サービス」、通報されたタイミングで対応する「随時対応サービス」、判断を元に対応する「随時訪問サービス」、看護師が診療補助のために訪問する「訪問看護サービス」の4サービスがあります。

定期巡回サービス

定期巡回サービスは、訪問介護員や巡回員が利用者の居宅を定期的に巡回して行うサービスです。原則は、1日に複数回です。

随時対応サービス

随時対応サービスは、予め利用者の心身状況や置かれている環境等を細かく把握しておき、随時、利用者やその家族による通報を受けて、通報内容を基に相談や援助を行ったり、訪問介護員等の訪問や看護師の対応の要否を判断するサービスです。

随時訪問サービス

随時訪問サービスとは、訪問が必要か否かの判断に基づき、訪問介護員や巡回員が利用者の居宅を訪問するサービスです。なお、このサービスは、通報があってから30分以内に駆けつけられる体制をとっておく必要があります。

訪問看護サービス

訪問看護サービスは、看護師等が専門医師の指示に従い、利用者の居宅を訪問して療養上の世話や必要な診療の補助を行います。24時間サービスは、1日に何度でも無制限で利用できる定額サービスです。

金額の目安

介護度が1の場合、介護・看護利用者は8,255円、介護利用者は5,658円です。 介護度が2の場合、介護・看護利用者は12,897円、介護利用者は約10,100円です。 介護度が3の場合、介護・看護利用者は19,686円、介護利用者は16,769円です。 介護度が4の場合、介護・看護利用者は24,268円、介護利用者は21,212円です。 介護度が5の場合、介護・看護利用者は29,399円、介護利用者は25,654円です。 ※ 1単位10円1ヶ月計算での金額です。

まとめ

サ高住に定期の巡回や随時対応型訪問介護看護事業所、訪問看護事業所といったサービスが併設されている場合は、国が介護関連の理想の居住モデル像としているだけあり、利用者にとって安心して利用しやすいサービスとなっています。 入居者が急なケアが必要なときでも、コールを利用することで訪問してもらえます。 従来のサ高住と訪問介護の併設の場合、訪問時間がケアプランにより定まっていることが原因で、重度の入居者など自分でおむつ交換などができない人は訪問時間まで我慢しなければならない、といったことがありました。 しかしこういった悩みを24時間サービスで解消することができ、またこのサービスが定額で利用できるため、介護付有料老人ホームに限りなく近いサービスを受けることができます。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop