要介護の認定調査を受けるには?

要介護の認定調査はどうやって受けられるか

要介護の認定調査を受けるには?についてのイラスト 要介護の認定調査を受けるには、まず市区町村の役所や地区市民センターなどの介護・高齢福祉課で申請を行う必要があります。介護保険証と印鑑が必要となり、主治医の名前を書く欄があるので主治医または複数かかっているという方は一番知ってくれている医師の名前を確認しておきましょう。また、自分が要介護認定の申請が難しいという場合は、在宅介護支援センターやケアマネージャーに代行してもらうことも可能です。

要介護認定調査の流れ

要介護認定調査は自宅で行われます。入院していたり入所されている場合は、調査員が病院・施設まで来てくれるので安心してください。調査は本人からの聞き取りで行われていきます。聞き取りの内容として、まず身体に不自由がないか尋ねられます。ただ不自由かどうかだけでなく、どのように不自由で、生活の中でどんな時に不自由に感じるのかなどを具体的に伝える必要があります。調査では介護でどの程度手間がかかってしまうのかを判断します。そのため、病状が重いからといって要介護度も高くなるということはありません。
調査を終えると医師から介護認定用の診断書を市役所へ送る必要があります。そのため、介護認定の申請を受けた段階で書いてもらいたい医師に介護認定用の診断書を書いてもらうように一言告げておくと良いでしょう。この診断書を書いてもらうことで、特に料金が発生することもないですし、もしもかかりつけの医師がいなかった場合でも、市役所に相談すれば指定医を紹介してくれます。そのため、何か不明なこと、不都合なことがあったら、必ず役所に相談するようにしましょう。

要介護認定調査の注意点とは

要介護認定調査を受ける際に気を付けなければならないポイントがあります。それは、本人から聞き取りを行う際に、不自由なところはないか、という問いに「不自由なところはない」「不自由だけど生活に支障はきたしていない」など、調査員に見栄をはってしまい、出来ないことも出来ると言ってしまいがちだという点です。認知症を発症している高齢者は要介護認定調査時に、異常ではないことを主張してしまうことがあります。そのため、状態にあった介護認定を受けられず、本当は要介護度3の状態なのに、要介護度2となってしまうことも考えられます。
そうならないために、なるべく本人の状態を一番知っている人が立ち会い、もしも上記のようなことを言ってしまっていたら、その場で訂正するのではなく、本人からの聞き取りが済んだ後に呼び出し、訂正しておくことが大切です。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop